東方神起BL小説Ⅵ『果実のない街』41

「ユンホさんとは今夜きり、お会いはしないでしょう」女王の威厳の姿に影が掠めた。「それでも、全てをお話する時も…遠くありません」「─終わりが近づいている…と?」「それも、過去からの…長い出来事の結末です─わ…」独り言のように云うとそれきり、ユノの存在を忘れたように、深い物思いに沈んだ。  ─片方の頬に、熱い火でも…
トラックバック:0

続きを読むread more

東方神起BL小説Ⅵ『果実のない街』40

 ……ソウルの街中にあるとは思えない、静けさを破るように「─マリィさん、彼女にお大事にと…お伝えください。ともかく─彼女の今後をお任せできることに、安心しました」「…ユンホさん。チャンミンさんのことです─」真っ直ぐな視線が、ユノを捉えた。  「チャンミンさんを、お止めするようユンホさんに、お願いしたいのです」口を開きかけたユノに「ある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東方神起BL小説Ⅵ『果実のない街』39

 ─「お電話で急に、お会いしたいとユンホさんに無理を申したのも─チャンミンさんのことなのです」ユノの瞳が微かに動いた。「…その前に、お伝えすることがあります」カフェ碗を置くと、「あの娘を、私どもが引き取りました」髪の影で、ピアスが煌めいた。「あの娘…」「今は、私のところにおります」「引き取られた…お知り合い─ですか」一瞬、瞳を伏せ、「い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東方神起BL小説Ⅵ『果実のない街』38

 ─コンクリート色の壁が上へと、吸い込まれて行く。「ユンホ様。どうぞ」背丈はそれほど高くはないが、敏捷そうな身体つきの青年が、歯切れ良い口調で云うと先に立ち、ユノを案内する。  ─ガランとした空間は、屋根が高い。「お入り下さい」小さな脚立のような段を登ると、濃い色の厚い覆いが幕のように下がっている。かなり大きなトラックの荷台らしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東方神起BL小説Ⅵ『果実のない街』37

 少年のか細い指が、からめとるように手をキツく、握ってくる。…奥に進むほど、辺りは暗い。  少年は先を急ぐように、チャンミンの手を、グイグイ引っ張る。  ─言葉を掛けようとするチャンミンに、手をさらにからませてくる。まるで、恋人同士が二人きりで歩く格好になった。─「お兄さん…」チャンミンの顔を見上げながら、痛いくらいにスリムな身体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more